合格者に聞きました

合格までの道のり

今年見事に合格を勝ち取った桐杏学園の生徒の保護者の方々に、インタビューをさせていただきました。インタビュー記事は、今後も随時更新していきます。
(順不同)
平成26年度
平成25年度はこちら

明治学園小学校、敬愛小学校合格(男子)

«いつ頃から小学校受験を考え始めましたか?»
受験をすることは、年少の頃から考えており、年中の夏から教室に通い準備を始めました。
«志望校を決めたのはいつ頃でしたか?»
最終的に決めたのは、年長の夏です。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか?»
第一志望校は面接を重視する学校でしたので、ペーパーは平均くらい取れていればよいと割り切って考えるようにし、対話式の面接練習に力を入れました。
第二志望校は行動観察重視でしたので、講習や講座などで集団での活動経験をたくさん積むようにしました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
体調管理にはとにかく気を配り、前日は好きなDVDを観るなどしてゆったりと過ごし、睡眠を十分にとって当日を迎えました。
当日は、校門の前に教室の先生が待っていてくださり、少し話をしてから試験会場に向かったこともあり、リラックスして臨めました。
«桐杏学園の他に何か習い事はしていましたか?»
そろばんと体操を習っていました。そろばんは、本人がどうしてもやりたいと言って通っておりましたので、続けることにしました。体操は、挨拶の習慣やけじめのある行動を促すことにも役立ち、行動観察の対策や受験期の気分転換にもなるため、並行して続けました。
«これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします»
年長になると、志望校を決め、説明会や行事への参加、面接や願書の準備で親もいろいろと忙しくなります。春~夏頃は、努力してもなかなか模試の結果に結びつかず、とても焦りましたが、「早生まれの子は秋に大きく伸びる」という先生の言葉どおり、秋になって息子も上り調子になり、合格をいただくことができました。
多くの情報が飛び交い、周囲の噂話なども気になりますが、教室から提供していただく情報で十分だと思いました。先生方を信じ、アドバイスを忠実に守って取り組めば大丈夫です。
一覧に戻る

追手門学院小合格(男子)

«いつ頃から小学校受験を考え始めましたか?»
新年中の時から桐杏学園にお世話になりましたが、小学校受験を考え始めたのは新年長になった秋頃でした。ネットや友人から学校の情報収集を行い始めていました。
«志望校を決めたのはいつ頃でしたか?»
子どもの授業中の様子をよく見て下さった先生からアドバイスを頂き、4月頃志望校を決めました。しかし、その後主人の転勤のことで、転勤先での受験校を探しなおしました。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか?»
短所や弱い部分を追加講座で補強して頂きました。
共働きのため、平日は毎日30分程の学習の時間を確保するのも難しかったので、土日の授業をできるだけ参加していました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
テストや特別講座に積極的に参加し、家では市販の資料を少し加えました。個別指導もお願いしていました。また、健康にも気を配りました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
考査時間は延べ5時間以上でしたが、予想以上に子どもが落ち着いていました。おそらく学園でテストに慣れたお蔭だと思います。集中力も人の話を聞く力も学園の授業で養っていたと思います。きめ細かいご指導に心より感謝申し上げます。
«桐杏学園の他に何か習い事はしていましたか?»
特にしていませんが、子どもの大好きな戸外遊びをよくさせていました。
«これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします»
授業やテスト等で多少成績が悪くとも決して叱らず、子どもと一緒にもう一度やることにしていました。学園のカリキュラムはペーパーや生活習慣、運動内容等がバランスよく盛り込まれたため、子どもは2年間楽しく通っていました。
一覧に戻る

江戸川学園取手小 新小2生編入試験合格(男子)

«いつ頃から準備を始めましたか?»
1月頃、幼稚園に貼られていた小学校開校のポスターを見て知りました。上の子の中学進学先として考えていた学校でもあったので、この機会にと考え、6月頃から本格的に準備をしました。
«桐杏学園以外の学習は、どのようなことをしましたか?»
朝、登校前に100マス計算や漢字ドリルで、基礎を繰り返し行いました。夜は、小学校の宿題は勿論ですが、市販されている国語と算数の応用問題集を行いました。国語では長文読解、算数では文章問題を意識して行いました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
行動観察を意識し、ハサミとのりを使用する工作問題集を行いました。また、面接練習を親子共々繰り返し行いました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
特に緊張することもなく、伸び伸びと行えたと思います。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
4月頃です。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか?»
リトミックやスイミング、ピアノ、ヴァイオリン、そして、サッカーです。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
一番大事にしていたのは、体調管理です。特に、食育から見直し、強い身体作り、そして、秩序のある生活習慣を心掛けるよう環境を整えていきました。
一覧に戻る

森村学園小、聖セシリア小、聖ドミニコ小、カリタス小、都市大附小合格 (女子)

«いつ頃から小学校受験を考え始めましたか?»
子どもが生まれた年に、私立幼稚園の説明会に参加しました。
年少の時には1月下旬に行われる私立小学校合同説明会、年中の1月にも同じ合同説明会に参加し、幼稚園に入った頃から小学校受験しようと考えていました。それぞれの小学校の説明会にも多く参加し、HPだけではなく実際にどのような学校なのか見に行くようにしました。説明会が多い時期には、土日は毎週、午前、午後と説明会に参加し、夫婦で別々の学校に行くこともよくありました。
10校以上の説明会に参加しました。
«志望校を決めたのはいつ頃でしたか?»
年長に上がる頃です。多くの学校説明会に参加する中で、子どもに合った校風の学校を選ぶようになりました。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか»
桐杏学園の受験絵画は子どもも楽しみにしていましたし、絵が描けるようになったり、工作の技術も上がったので、できるだけ受講するようにしていました。志望校別に準備したわけではないですが、志望校ではペーパー、体操、絵画制作とバランスよく出題されるところが多かったので、ペーパーだけでなく様々な講座を受講しました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか»
そっくりテストや直前講習をとりましたが、通塾と家庭学習の習慣を大事にしながら、今までと同じ生活リズムで過ごせるように心がけました。
親は、学校により面接時間、面接で聞かれる内容が違うので、それぞれの学校に合わせて面接の準備をしました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
初めての試験は子どもも親も緊張していましたが、練習のためにも多くの入試を受けてきたので、回数を重ねるごとに落ち着いて試験に臨めるようになったと思います。
«桐杏学園の他に何か習い事はしていましたか?»
受験期にもピアノは本人がやりたいという気持ちが強く、続けていました。受験体操は体操専門の教室に通っていました。
«これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします»
学校選びのためにも、説明会や運動会、学芸会は多く参加した方がいいと思います。直接、学校の先生の話を聞きHPや資料には書かれていない情報も知ることができます。先生方にもプラスの印象を与えることができると思います。
聖ドミニコ小の面接では99%父親への質問だったので、話す材料もきちんと準備しておく必要があります。塾では、学校のHPに載っている受験生向けの情報だけでなく、作品展やバザーなどの情報も教えてもらえるので、活用するべきだと思います。
一覧に戻る

国立学園小、武蔵野東小 合格(女子)

«いつ頃から小学校受験を考え始めましたか?»
年少の冬頃から考えていました。本格的な情報収集や、幼児教室体験は年中の秋以降でした。冬期講習から受講を始めました。
«志望校を決めたのはいつ頃でしたか?»
夏にはほぼ決めておりましたが、明確には9月の学校説明会で決めました。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか?»
プリントでは過去問題集を繰り返し練習しました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
公開模擬テスト、志望校向けそっくりテストをすべて受講しました。8月以降は通常授業以外に定期的に講習を受講しました。家庭では過去問題集の中で難しい問題をくり返し練習しました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
不安にならないように「小学校で特別に本物の授業を受ける日、楽しんでくるように」と声をかけました。親子とも日常のような雰囲気でした。
«桐杏学園の他に何か習い事はしていましたか?»
幼稚園の美術教室と空手を習っていました。9月からは空手を休止し受験に備えました。
«これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします»
家庭学習用の教材として桐杏学園の「STEP」をお勧めします。基礎から応用までくり返し練習することで、子どもの力が着実に伸びていくと思います。
一覧に戻る

晃華学園小合格(女子)

«いつ頃から小学校受験を考え始めましたか?»
年中の秋から冬頃でした。お教室には1月から通い始めました。小学校受験に関する情報は受験をするかに関係なく、教育環境を考える上で入園当初から常にアンテナを張っていました。いつ受験したいと本人が言い出してもいいように、毎日絵日記をかく、毎晩読み聞かせをするなどはしていました。
«志望校を決めたのはいつ頃でしたか?»
年長の4月(GW中)に決めました。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか?»
礼儀正しく感謝の心を忘れずに日々を過ごすことです。たとえば、食事をありがたく頂くことなど日常の細かい部分も話していました。学園で配布される復習プリントと家庭学習したプリントを毎週先生に提出しました。いつも丁寧に見て頂きいつも誉めて頂き励みになりました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
模試はできるだけ受けるようにしました。家庭では面接練習とプリント30枚以上、就寝前には必ずトランプをする、家族の良いところをそれぞれ話し合うなどをしました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
後悔なく親子共すごせましたので、おだやかに迎えることができ、子どもは特におちついていました。
«桐杏学園の他に何か習い事はしていましたか?»
スイミング、スポーツクラブ、チアダンス、英会話、書道、工作を習っていました。工作以外は受験後も続けています。
«これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします»
模試を経験して、自分だけではなく、お友だちもみんながんばっているのだと実感できたようですので、受けることをおすすめいたします。 志望校には何度も子どもさんと足を運ばれるとよいと思います。
日々の学習と習い事で遊びの時間を作ることが難しかったのですが、週1回3時間ほど決めてお友だちと自由に遊ぶ時間を作りました。情報交換はもちろんですが、その時間を持つことで集中力も高まり、学習が嫌になることもなく過ごせたと思いますので、遊ぶ時間も大切にできると良いと思いました。
一覧に戻る

東京創価小、開智小合格(女子)

«いつ頃から準備を始めましたか?»
年中の秋頃からです。
«桐杏学園以外の学習は、どのようなことをしましたか?»
幼稚園生活が1日の中で一番長いので、その中でお友達との関わりや、ルールやマナー、先生のお手伝いを通して集団の中での自分の在り方を学ばせました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
1つ合格を頂いていたことが、とても自信になりました。引き続き直前講習を受講し、第一志望校に的を絞って仕上げました。考査日直前には個別指導で、面接や過去問のおさらいを集中的にやりました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
控え室で、両親と離れる時、泣きそうな顔をしていましたが戻って来た時は「先生といっしょにやった問題がたくさん出たよ!」と嬉しそうでした。校内での先生方や児童の皆さんが終始ニコやかで温かくおもてなしの心を感じました。すれ違う親子(受験生)もほとんどの方が初対面にも拘わらず笑顔で挨拶を交わし素敵な学校を実感しました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
子どもが生まれ成長していく中で決めていきました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか?»
特にありませんが、「あいさつ」と「人にやさしく」は誰にも負けないと思います。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
両親が十分に学校(志望校)の良さを理解し、子どもに伝える努力をすることは大切です。そして子ども自身が「行きたい」と思うことが一番です。入試直前は健康管理には気を配りました。そして最後はこれまでがんばってきた我が子を心から信じることです。皆様がんばってください。きっと大丈夫です。
一覧に戻る

江戸川取手小、東風小合格(女子)

«いつ頃から小学校受験を考え始めましたか?»
小学校新設の情報を聞いて学校説明会と桐杏学園で情報収集を始めました。本格的に勉強を始めたのは年長の夏頃からです。
«志望校を決めたのはいつ頃でしたか?»
年長の夏に決めました。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか?»
通塾も家庭での日常も普段通りにすることを心掛けていました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
直前講習と志望校の特講も受講しました。県外からの通塾だったので、毎日のように受講することはできませんでした。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
親子共に緊張せずに、いつも通りに考査を受けることができました。
«桐杏学園の他に何か習い事はしていましたか?»
他に習い事はさせていませんでした。
«これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします»
近くに私立小学校ができると知って、急遽始めた小学校受験でした。参考になることはあまりないと思います。
一覧に戻る

国立学園小学校、洗足学園小合格(男子)

«いつ頃から準備を始めましたか?»
年長の5月頃からです。
«桐杏学園以外の学習は、どのようなことをしましたか?»
市販の問題集や過去問を自宅で行いました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
桐杏学園で、テストや志望校向けの講習を受講し、自宅で志望校の過去問を行いました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
学校に着くまではリラックスしていましたが、会場に入ってからは沢山の人がいたので、緊張していたようです。時間が経つにつれて、慣れてきたようで、緊張せずに試験に臨めました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
年長の5月~6月頃に決めました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか?»
体操教室です。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
早めに志望校の過去問に目を向け、対策することが大切だと思います。また、人前で何かするのが得意ではなかったので、初めての人に接する機会や、人前で何かする機会を増やしました。
一覧に戻る

淑徳幼稚園合格(男子)

«いつ頃から幼稚園受験を考え始めましたか?»
一年前から準備を始めました。
«桐杏学園以外の学習は、どのようなことをしましたか?»
普段からいろいろな体験をさせることを意識していました。また、家庭での学習には市販の問題集も使っていました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
桐杏学園の授業と家で行うその復習の他には、特別なことはしていませんでした。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
試験そのものをリラックスして楽しんでいました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
1歳の時から、この幼稚園に通わせたいと考えていました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか?»
学研の「ほっぺんくらぶ」と音楽教室へ通っていました。
«これから幼稚園受験される方へのアドバイスをお願いします。»
とても本が好きな子どもだったので、絵本に親しませて心を豊か育ってほしいと願っていました。幼稚園受験だからと何か特別なことをさせるのではなく、親子とも笑顔を絶やさずに過ごすことを心掛けました。
一覧に戻る

日出学園幼稚園合格(男子)

«いつ頃から幼稚園受験を考え始めましたか?»
未就園児クラスの受付が始まる2月には受験を考えていましたが、実際に準備を始めたのは春になってからです。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか?»
初めての場所や初対面の人に対して緊張しやすく、泣いてしまうこともあったので、いろいろな場所に連れて行くようにしました。一方で、慣れた場所では調子に乗ってふざけてしまう性格だったので、教室やプレスクールに行く際には出掛ける前に約束を確認するようにしていました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
健康管理に気を遣いましたが、特別なことはしておりません。 教室では本番を見据え、普段とは違う先生にも面接対応などをして頂きました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
未就園児クラスで園にも先生方にも慣れていたため、親子ともリラックスして臨めました。
«桐杏学園の他に何か習い事はしていましたか?»
自宅近くの幼稚園のプレスクールにも参加しました。
«これから幼稚園受験される方へのアドバイスをお願いします。»
子どももまだ幼かったため、環境に慣れておくことは重要だと思います。志望園の未就園児クラスに参加することにより、子どもが安心して当日を迎えられ、また先生方にも普段の子どもの様子を知っていていただけているため、親も気持ちのゆとりを持てると思います。
一覧に戻る

玉川学園小学校合格(男子)

«いつ頃から小学校受験を考え始めましたか?»
年中の4月から小学校受験をしようと考え始め、塾に通い、家庭での学習を少しずつ始めていきました。
«志望校を決めたのはいつ頃でしたか?»
年長になってからです。家族に玉川出身者が多いこともあり、志望校に決めました。また、本人にペーパー入試の学校は向いていないと感じ個別テストの学校を選びました。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか?»
玉川学園は個別テストなので、ペーパーよりも自分で考える力をつけられるようにしました。家庭では子どもの発言に対して、なぜそう思うのかを聞き、自分でお話できるようにしたり、自分で判断して行動できるようにしました。
そのような練習は試験のためだけではなく、生活習慣や躾にも繋がったと考えています。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
直前講習の時期に本人が体調を崩してしまいました。もう少し早い時期からの講習も受講していればよかったと思っています。体調を崩している間は、家庭で学習を続けていました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
本人はあまり緊張している様子はなかったのですが、親の方がはらはらしてしまいました。特に、子どもの体調が一番心配だったことを強く覚えています。
«桐杏学園の他に何か習い事はしていましたか?»
スイミングだけは本人のモチベーションのために受験期も続けていました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
親の考えがぶれないようにすることが一番だと思います。入試の直前になり、今まで志望していなかった学校を対策もしないまま受験したり、模試の結果に不安になり塾の講座を無理にとりすぎることもあるかもしれませんが、親は子どもの体調を第一に考え、万全の体制で入試に臨むことができるようにしてあげるのが一番大切だと思いました。
一覧に戻る

星美学園小合格(男子)

«いつ頃から小学校受験を考え始めましたか?»
年中6月からです。
«志望校を決めたのはいつ頃でしたか?»
年中6月に西日暮里校へ体験授業を受けに来た日に、偶然、星美学園小教育懇談会にも出席させていただき、森内校長先生のお話を伺ったことがきっかけとなりました。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか?»
特別に志望校を意識してということではなく、合格するためには、あるレベルに達しないといけないと思い、ペーパーは毎日行いました。初めは10分間位、徐々に30分間、一時間になることもありました。この習慣はずっと続きました。これは、今後の子どものためになる、無駄ではないという思いが常にありました。両親とも仕事を持っているため、夕食後20時頃から行っていましたが、一度も嫌がることはありませんでした。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
直前講習をフリーパスで受講していたので、ほぼ毎日桐杏学園に通っていました。夜はいつも通り、復習も行っていました。また、試験日までの空きを調節するため、他校向けの特講も利用しました。そして、体調管理に気をつけました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
普段通りでした。
«桐杏学園の他に何か習い事はしていましたか?»
プールを週1回、保育園の課外授業として体操を週1回。受験期も続けていました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
受験に関すること毎日継続して行うことだと思います。また、親がピリピリせず、子どもを精神的に楽な状態にしたあげることが大切だと思います。そのためには、忍耐が必要です。
一覧に戻る

西南学院小合格(男子)

«いつ頃から小学校受験を考え始めましたか?»
年少の夏休みです。母親が小学校受験経験者だったこともあり、新年中(年少の秋)から塾に通うつもりでした。
«志望校を決めたのはいつ頃でしたか?»
年中の3月に都内で志望校を決めていましたが、急に父親の転勤で年長4月から福岡へ引っ越すことになり、都内の受験が白紙になました。福岡で受験するかどうかかなり悩みましたが、7月に学校見学をして、西南学院を受験することに決めました。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか?»
年長になるとAテストが始まるため、毎朝15分間机に向かうようにしました。幼稚園降園後は、友達と約束してくることもあるため、朝、行うようにしていました。時には、頑張らせることが辛くなったこともありましたが、今では続けてきて良かったと思います。土日は、父親に見てもらうようにしました。
また、巧緻性に関する課題が苦手だったのですが、志望校では、折り紙やお絵かきが必ず出題されるため、自信を持たせるために、毎日折り紙を5つ折るようにしました。以前、年中の時、桐杏学園で頂いた折り紙の冊子を使用し見直すことから始め、折った折り紙を1つ画用紙に貼り、周りに絵を描くなどもよく行いました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
家庭で過去問を行いました。本番は、校内放送で行うことを知り、母親の声を録音して本番に備えました。模擬テストは、7月に1回、10月に2回受け、子どもの力を客観的に見るようにしました。また、1か月前は子どもの気持ちを落ち着かせることが大切と思い、リラックスさせるようにしました。志望校に行きたいと思わないと、気持ちが乗らないと思い、車で学校の周囲を回り、「校庭が広いね」など声を掛け期待感を持てるようにしました。校内に1回しか入れなかったため、直前には、志望校の話題を多くし、子どもが面接で、この学校に入りたいと思っていることを自ら話せるようにしました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
考査の日は緊張していませんでした。しかし、面接の日は、親子三人で正装して学校に行くことが初めてだったのでとても緊張していました。事前に練習する機会が持てなかったため、親の緊張が子どもに移ってしまいました。
«桐杏学園の他に何か習い事はしていましたか?»
体操は、年中の2月で辞めましたが、水泳はずっと続けていました。年長の夏からピアノも始めました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
学園の先生方が教えてくださったことを、どれだけ自分の形にして行うかが重要だと思います。自分の家庭に合わせるまでに時間がかかりましたが、2年間の準備期間があり、様々な試行錯誤を経て、自分の形を見つけることができ、最終的に「合格」という結果につながったと思っています。
一覧に戻る

川村小、聖徳大附属小合格(女子)

«いつ頃から小学校受験を考え始めましたか?»
そもそも幼稚園受験を検討していましたが自宅から遠かったので、体力の付く小学校受験ならできるのではないかと考えました。桐杏学園に入園したのは、新年中の11月からです。子どもの様子を見て早くからお世話になりたいと思っていました。
«志望校を決めたのはいつ頃でしたか?»
以前から川村小のことは知っていましたが、年中の6月頃、西日暮里校の川村小教育懇談会で副校長先生のお話を伺い、家庭の方針と合っていると思い決めました。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか?»
志望校を決めた頃から学校行事には、両親でほぼ全部出席するようにしました。外部で行われる説明会などにも出かけました。その結果、先生方に顔を覚えていただくことになり、考査当日も先生と同じ電車になり、先生から声を掛けていただきました。年長の春先から面接対策として夫婦でよく話し合うようにしました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
直前講習と個別指導を併用しました。個別指導は、子どもに合わせた指導をしていただき、とてもためになりました。また、考査前日までやっていただき、本当によかったと思います。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
子どもは、体調も良く少し緊張した様子もありましたが元気に「行ってきます」と出かけていき安心しました。私たちは、考査当日ある面接を控え、緊張していました。
«桐杏学園の他に何か習い事はしていましたか?»
幼稚園の中でやっている英会話を週1回、年中の終わりから始めたテニスを週1回。受験直前は1か月休みました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
私たちは、志望校が早めに決めていたため、志望校のことをよく勉強でき、良かったと思っています。以前、合格されたお母様の体験談で学校に関する書物を読んでいたという話を伺ったことがありました。自分も時間があったため、創立者の伝記などを読みました。学校研究を深めることができ、面接、願書書きに役立ちました。
一覧に戻る

かたばみ幼稚園合格(男子)

«いつ頃から幼稚園受験を考え始めましたか?»
昨年の9月より桐杏学園の平常授業と併行して幼稚園入試対策講座を受講しました。
«志望校を決めたのはいつ頃でしたか?»
長男を系列の小学校に通わせていましたので、9月時点からこの幼稚園と決めていました。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか?»
家で昔話やアンデルセンなどの物語本を読み聞かせした後に、内容について質問する練習をしました。かなり意識してお話が聞けるようになったと思います。他には言葉づかいや挨拶についても力を入れてきました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
授業でやったことを中心に復習してきました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
面接が考査とは別日程で先にありました。緊張のあまりソファーで眠ってしまいましたので、面接時の時のように色々と言わないようにし、頑張ろうねと言葉をかけていました。学園で頂いたお守りの飴を、家を出る前に1つ口にして出かけました。考査が終わった後にも残っているお守りの飴を食べるのが楽しみで頑張ることができました。
«これから幼稚園受験される方へのアドバイスをお願いします。»
桐杏学園での授業やアドバイスや説明などを大切にし、しっかりやることで合格を勝ち取ることができます。
一覧に戻る

相模女子大附属小合格(女子)

«いつ頃から小学校受験を考え始めましたか?»
1年くらい前から小学校受験を考え始め、塾に通うことを決めました。
«志望校を決めたのはいつ頃でしたか?»
8か月くらい前です。初めは共学校を志望していましたが、塾の先生の薦めもあり、女子校を志望するようになりました。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか?»
女子校ねらいでしたので、礼儀作法、マナー、言葉遣いには特に力を入れて生活していました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
生活リズムを整えることを意識しました。試験は午前中なので、朝の学習をしてコンディションを整えるようにしました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
親子共にたいへん緊張しました。
«桐杏学園の他に何か習い事はしていましたか?»
していません。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
女子校受験の場合は、特に挨拶、言葉遣い、生活習慣、マナーをしっかり身につけることが大切だと思います。体操の項目もあるので、のびのびと自分を表現できればよいと思います。そのために、保護者の方が環境作りをしてあげることが大切です。
一覧に戻る

桐蔭幼稚園合格(男子)

«いつ頃から幼稚園受験を考え始めましたか?»
初めは3年保育受験を考えていましたが、言葉が出てくるのが遅く、2年保育受験をすることにしました。1年くらい前からそのように考え始め、言葉の面を補うために塾に通おうと考えました。
«志望校を決めたのはいつ頃でしたか?»
1年半くらい前です。
«志望校を意識して特に力を入れたことはありますか?»
名前は言えるようにすること、「~です。~ます。」と答えられるようにすることは日頃から気を付けていました。
«試験の直前にはどのようなことをしましたか?»
幼稚園に慣れるように、わざわざ遠回りして桐蔭幼稚園の前を通るようにしていました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
本人は朝早く起きたこともあり、たいへん緊張していました。試験前に大泣きをしましたが、幼稚園の先生にだっこされて受験することができました。
(お母様、お父様も緊張されたそうです。)
«これから幼稚園受験される方へのアドバイスをお願いします。»
泣いてもあきらめないことが大事です。
一覧に戻る

西武学園文理小合格(女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
通い始めたのは年中の秋からですが、その前から桐杏学園の問題集は始めていました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
家庭では、桐杏学園のパーフェクト問題集7冊を年長の7月終わりごろから8月・9月に取り組みました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
直前講習と併せて志望校の特講や私立特講を受講しました。家では、その授業でわからなかったところを復習していましたが、平常心で取り組めるように心掛けていました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
当日は特別に緊張する様子もなく、いつも通りでした。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
姉が通っている学校、そしてもう一校、さらに公立校と訪ね「この学校に行ってみたい」と本人が意識を持ったのは年中の秋になってからでした。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
英語と音楽教室とサッカーに通わせていました。直前期にはお休みをさせていました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
子どもの気持ちが第一ですので、早めに公立校も含め幾つかの小学校を見せて子どもなりの感想を踏まえて親子で納得できる志望校を決めていくことが大切だと思います。
一覧に戻る

星野学園小合格 (女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中の時から少しずつ準備を始めました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
お家で問題集をしたり、お箸の練習や、りぼん結びの練習をしたり、絵本を読んだりしました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
直前講習と併せて志望校の私立特講も受講しました。そして、お家では主に面接の練習に取り組みました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
少しきんちょう気味でしたが、あまりいつもと変わりありませんでした。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
星野には、上の子が通っているので自然に志望校と考えるようになっていました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
学研の幼児教室に通わせていました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
星野の先生方は、子どもの礼儀や聞く姿勢をよく見ていると思います。そこを注意すれば、大丈夫だと思います。
一覧に戻る

筑波大学付属小学校合格 (女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中の8月夏期講習より、桐杏学園に通い始めました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
自宅で問題集を親子で行いました。最初は週3日位のペースで学習しておりましたが、入試直前は毎日行いました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
直前講習を受けるとともに、自宅に大きなクリスマスツリーを作っておき、その飾りになるような物を、ちぎる作業やリボン結びが出来るように準備をして常に持たせ、空いた時間にいつでも練習が出来るようにしました。
それを自宅に帰って飾るのが本人にとって楽しみだったようで、喜んで作っていました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
母親としてはモチベーションを上げようと声掛けをしました。子どもはかなり緊張をしている様子でしたが、それでもやる気も感じらました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
準備を始めた当初より、国立を希望しておりました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
3歳より英語とスイミングに週1回通っています。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
受験をしようと決めたのは親で、それに対して子どもが一所懸命取り組んでいる事なので、極力怒らないように気を付けました。苦手なことをさせるよりも、得意なことで自信をつけるように心がけました。
一覧に戻る

東京学芸大附属小金井小学校合格(女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中の11月頃からです。学芸大附属小金井小のみの受験でしたので、のんびりとしていました。受験対策というよりも、むしろ学習習慣を付けさせることに主眼をおきました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
市販のワークを中心に年中の11月から年長9月頃までは週2回×30分程度の自宅学習を行いました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
9月下旬までバレエ中心の生活でしたが、直前の2か月は制限時間も意識して毎日60分の学習で追い込みをかけました。桐杏学園の授業も学芸大附属小金井対策講座や特講などで忙しくなりました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
筆記の内容は桐杏学園で練習していた問題の方が少し難しかったそうです。そのため、本番の試験は伸び伸びと楽しくできたようです。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
最終的に出願する決心を固めたのは年長の夏休みです。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
年中からバレエを習っていました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
受験勉強を始めたのは遅かったですが、基本的な姿勢を日常の中で習得させていたために短期間でも吸収が早かったように思います。具体的に気を付けていた点は次の3点です。
  1. 1.人の話は途中で口をはさまず最後まで聞くこと。
  2. 2.指示は復唱させて、十分理解できているかを確認する。
  3. 3.親や先生の指摘は素直に受け入れること。(わが子は×印が付いただけで不機嫌になったので・・・)
一覧に戻る

成蹊小合格(男子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中の春から始めました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
対外試合にも慣れるために統一模試もできる限り参加しました。また、直前期には近所の運動教室で体育大の先生にも見て頂きました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
直前講習はできるだけ多く受講して、さらに個別指導コースで強化をしました。ペーパーや過去問を繰り返しやり、個別でも指示行動中心にがんばりました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
都外からの受験でしたので、朝一番のテストに備え前日からホテルに泊まりました。朝食の時にはお箸(豆運び)のウォーミングアップなどをして試験に臨みました。たいへん落ち着いた様子で「いってきます」とテストに向かいました。そして、終了後「できたよ」と帰ってきました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
年長の夏休みに最終決定をしましたが、年中時より、気になる小学校は全て夫婦で説明会に行って、お話しを聞き見学いたしました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
英語と知育教室に通っていました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
夫婦と共働きでしたが子どもにはできるだけ様々なことに参加して欲しかったので、祖父母の協力は、ほんとうにありがたかったです。家族みんなが同じ気持ちで同じ方向に向かって入試に臨めたことがとても良かったです。
ぜひ事前に受ける学校をお子様に見せておき、参加できる行事には参加してください。
そして何よりも最後まで諦めないこと。困った時はお教室の先生に相談してください。
一覧に戻る

江戸川学園取手小合格 (女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
娘が通う幼稚園に貼られていた江戸川学園取手中学校が小学校を開校するというポスター見た年長の5月頃からです。新設校なので桐杏学園松戸校で、開催された学校の懇談会に参加して概要を知り、相談させていただきました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
以前からの習い事も続けていたので、桐杏学園の授業との両立が大変でしたが、頑張った娘を誇らしく思いました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
志望校向けの直前講習や特別講座も受講しました。また江戸川取手のそっくりテストを受けたことで、娘自身にやる気のスイッチが入ったようです。共働きなので、家での復習を始めるのが遅くなるときもありましたが、土・日に集中的に学習しました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
これから毎日通わせることを考えながら、モチベーションを保つように子どもと会話をし、試験会場に向かいました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
私立小学校には関心があったのですが、説明会などにも参加して、6月には幼稚園でも力を入れていた英語教育をしっかりやってくださるこの学校にと決めました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
近所の塾の他に英会話、スイミングの他に乗馬クラブにも通わせていました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
受験を通して親子がしっかりと向き合うことができました。楽しい家庭環境を意識して、土日中心の家庭学習でも、やったことが子どもの自信につながるように導くことを心掛けました。
一覧に戻る

昭和学院小学校合格 (女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
春頃に受験を考えるようになり、6月から教室に通い始めました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
桐杏学園の学習を中心に、苦手な部分だけ市販の問題集を購入して、繰り返し家庭で学習しました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
直前講習をフリーパスで受講しましたので、家庭では朝30分の学習のみ日課として取り組みました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
事前面接の際には、面接官の先生の前に立った途端、緊張してしまったようで、声も小さく普段と違う様子でしたが、筆記試験の日は、リラックスして臨めたようです。テスト終了後は「楽しかった」と笑顔で戻ってきて安心しました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
2校で迷っていましたが、先生に相談しながら子どもの様子を見て、夏の終わりに決めました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
ピアノを習っており、受験準備期間中もそれまでと同じペースで続けました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
短い準備期間に急ピッチで取り組んだため、入試直前は、焦りと不安で親も子も心身ともに苦しい状況でした。我が家は、幼児教室の新学期が4月からと思い込んでいたこともあり、開始時期が遅れてしまいましたが、受験を思い立った時点で、余裕を持って取り組むことをおすすめします。
一覧に戻る

立教小合格(男子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中の6月からです。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
自宅では桐杏学園の授業の宿題や予習を中心にドリルなどの問題を毎日10枚程度実施していました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
直前講習へ週4回ほど通い、通常の授業同様に家庭では予習と復習を実施していました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
子どもが緊張しないように配慮して、普段通りの生活を心掛けていました。考査直前には「楽しんできて」と主人と共に声をかけました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
漠然と国立小の受験をと考えていましたが、桐杏学園に通い始めた頃から私立小学校の学校説明会にも参加するようになりました。そして、指導方針に感銘して立教小を志望校に決めました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
水泳などに通っていました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
学習方法も志望校も子どもの資質にあったものを選ぶことが一番大事だと思いました。年少から年中の夏にかけてじっくりと子どもと向き合い、得手不得手や長所短所を意識すると無理をしない学習方法や子どもに向いている小学校が見つけられると思います。あとは受験する過程を楽しむこと、家族で会話をたくさんする、季節の行事を行う、いろいろな場所に出かけてイベントへ参加し体験学習をするなどで子どもの好奇心を育むことで受験に必要な力がついてくると思います。受験を意識した生活を家族で楽しむことが大切です。
一覧に戻る

洗足学園小、国府台女子学院小学部、成蹊小合格 (女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
幼稚園受験の時に桐杏学園にお世話になりました。無事に私立幼稚園に合格を頂きましたが、その後も習い事の一環として桐杏学園に通っておりました。その中で本格的に小学校受験を考えたのは年中の夏頃になります。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
挨拶をしっかりすること、身の回りのことは自分で行うことを基本とし、本人に受験する自覚を持たせるように努めました。ペーパーに関しては桐杏学園での授業での復習を中心に市販の問題集も利用し様々なタイプの問題に触れました。問題を解くときには「何を聞かれているか」「どう考えればよいのか」などを説明させ、その問題のポイントを考え思考力を付けることに重点を置きました。また、学習を意識し生活をしたり、家庭菜園やお手伝いなど、日々の生活を家族で楽しく、大切に過ごすよう心掛けました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
桐杏学園では直前講習とは別に個別指導もお願いしました。家庭学習では息詰まってしまうこともありますが、その様な時はすぐに個別でお願いし、親も1人になることで、ゆっくりと願書と面接について考える時間が持てました。
家庭では過去問を中心に1日最低50枚はやるようにしました。毎日、枚数を表に残すことで子どもは「昨日より今日!」と頑張っていました。また、折り紙や絵日記、ひも結びなどは毎日やり、ペーパーの休憩には、まりつきやパズルなどを行い、暇な時間はあまり作りませんでした。寝る時は、絵本の読み聞かせをしていました。そして、1日の終わりには子どもに対して必ず、ねぎらいの言葉をかけていました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
桐杏学園で頂いた「合格あめ」を大切になめて、親子で気合いを入れて学校に向かいました。子どもは「今までの頑張りを見てもらう日」と試験を捉え落ち着いており、とても頼もしく感じました。
私達は日頃から「やればできる!やらなきゃできない!でもやったからできる!」と合い言葉を決め、桐杏学園に行く時や自宅でも、幾度となく声に出し、気合いを入れていました。また、胸に手を当て2回叩くと「大丈夫!」の合図だと決めていました。試験会場に入り、静かにしなければいけない中で、この合図や合い言葉はとても役立ち、心を落ち着かせると共に、気持ちを高め、通常通りに臨めたのが良い結果につながったのだと思います。
当日は泣いている子や騒いでいる子もいます。自分のペースを掴むことが大切だと思います。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
年中の夏頃から子どもと一緒に説明会に参加し始めました。子どもと一緒に説明会に参加する中で、子どもも先生方のお名前を覚えたり、学校を知ることで、勉強に向かう姿勢が変化したように感じます。また、何度も学校へ伺うことで、先生方にも顔を覚えて頂き、平常心で面接を行えました。
最終的に志望校を決めたのは9月頃です。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
1歳半から幼児教室、4歳からスイミングスクール、5歳から着物教室へ通っています。習い事との両立が大変な時もありましが、「一度決めたことは、最後までやり抜くこと」を大切に極力、頑張りました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
2歳の時から桐杏学園でお世話になり、机へ向かう習慣、やる時はやる!という自覚が早くから身についていた為か、勉強を嫌がることもなく、楽しみながら安定した状態で取り組むことができました。
課題を与えればどんどんやる子だった為、満足することが無く、親子で頑張り過ぎてしまったこともありました。その様な時に先生から「沢山やっているのだから、たまには息抜きしてもいいのでは?」と、お声掛けして頂き、授業の合間に30分だけ公園に行き、まりつきでも縄跳びでもなくでもなく、ただひたすら楽しみながら遊びました。すると、その後の授業では子どもの集中力が飛躍的に良くなり、イキイキとしていました。
桐杏学園の先生方は、親が気づきにくくなっている子どもの細かな変化も見逃すことなく感じ取り的確にアドバイスしてくださいます。学校別講座で他校舎へお世話になった際も、どの先生も親身に相談に乗ってくださり、不安を解消してくださいました。
入試が始まり、試験後不安になった時は、小学校から直接桐杏学園に駆け込み、子どもは先生に抱きしめてもらい、親の私は心配事を聞いて頂き、帰る際には先生方から勇気と笑顔を頂き、また次の日の試験へ臨めました。
桐杏学園の先生方が支えてくださったおかげで後悔しない受験ができました。とても感謝しております。先生方を信じ、やり抜くことが合格への近道だと思います。
一覧に戻る

立教小、国立学園小、カリタス小、森村学園初等部合格(男子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
新年中としての授業が始まる年少の11月です。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
受験のためというわけではありませんが、幼児用の通信教育を受講していました。桐杏学園での待ち時間を利用してテキストをやっていました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
家庭では特別なことは特にせずに、桐杏学園のプリントのまちがえたところを中心に繰り返しやりました。学校別の対策は特に行わず先生におまかせし、家では外遊びを中心に苦手分野の練習をしました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
緊張せずに、とてもよい状態で試験に臨めたと思います。先生よりいただいた「合格あめ」を嬉しそうにいただいていました。親子面接でハキハキと答える息子の姿に涙が出そうでした。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
年中時より学校説明会に参加しておりました。志望校を明確に固めたのは9月頃です。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
年少の9月より近所の塾に通っていました。年長になり受験準備のため桐杏学園一本にしぼりました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
教室に通う際は入試本番の服装で伺い、できるだけ試験が特別な環境下にならないように心掛けました。ささいなことでも先生に相談し情報共有に努めました。面接では志望動機や学校を知ったきっかけ等の質問が父親に多かったと感じました。学校説明会や公開授業等、両親共に参加して、お互いの思いや考えを合わせていくことが必要になってくると思います。父親も子どもの頃桐杏学園に通い志望校に合格いたしました。親子共々本当にお世話になりました。
一覧に戻る

東京学芸大学附属小金井小学校合格(女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
一年前です。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
科目別の問題集を、苦手な科目がなくなるまで、繰り返し勉強させました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
過去問に近い問題集を選び、繰り返し取り組みました。
後の3週間、習い事はお休みしました。それでも時間が足りないと感じました。幼児ですので、前に出来ていたのに忘れてしまって全く出来ない…ということもありましたので、出来ない問題を見つけては、それに似た問題を数問ずつさせる…ということを繰り返しました。
桐杏学園で先生にアドバイスいただいたことや、弱点として注意いただいたことは本当に参考になりました。直前は、それを常に頭において学習させました。
家で「この問題は完璧だ」と思ったとしても、出題のされ方や、環境によって全く出来なかったりすることがわかったので、家でも出来るだけその環境に近づけました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
時間を逆算して起き、できるだけ気分を盛り上げながら40分ほど問題をさせました。
お天気が良かったので早めに行き、校庭の落ち葉を見つけて遊びました。ただ羽目を外さないようにということは注意しました。空や雲や白い月を見て、親子で話したことでリラックスできたのではないかと思います。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
一年前です。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
ピアノ、英語、水泳、お絵かきと工作の教室です。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
娘は国立しか受けないと決めていましたので、最終的に抽選があることや、少ない問題で結果を出すことを考えると、なかなか難しいと思っていました。
ですので、学習の基礎となる力を付けるための勉強なのだと思って頑張ってきました。結果的に、幸運にも抽選を通りましたが、もし通ってなかったとしても、この力は宝物だと思います。問題はすべて算数、国語、理科、社会につながっていきますが、幼児期に徹底してやって良かったと思います。この思いがあったので最後まで諦めずにいられたと思いますし、もし抽選で落ちていたとしても後悔はなかったと思います。
それから、自宅での学習は親子なのでどうしても長時間に至ったり、行き詰って叱ってしまったりということがあります。子どもの集中できる時間を決めたり、気分転換をしたり、ということが大事だと感じました。
そして親子の勉強だけでは、大事なことを見落としている、ということも多々あるので、そこはプロの先生のアドバイスを忘れずに。テストの経験も大事に積み重ねて行っていただければと思います。
一覧に戻る

聖学院小合格(女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中の11月より幼児教室で学びました。新年長としての授業が始まるタイミングでした。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
6月まではプリントを20枚、6月以降は30枚。
その他、あやとり、折り紙、工作なども自宅で教えました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
直前講習を受講しながら、志望校の過去問や特訓シリーズなどの問題集をこなしました。また、リラックスできる時間をとり、息抜きをさせるよう心がけました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
普段と変わらない様子でしたが、試験が終わった後は熱が出たので相当疲れた様子でした。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
志望校を決めてから幼児教室で学ばせました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
英会話です。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
体力勝負だと思いました。なぜこの学校を選んだのかをきちんと子どもに理解させ、勉強させるとよいでしょう。
一覧に戻る

立教小、星野学園小合格(男子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中の11月からです。桐杏学園で新年長の授業が始まったころからです。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
幼稚園の課外授業で行ったサッカーや跳び箱、マット運動、鉄棒などの体操も役に立ちました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
普段通りに過ごすように気を遣いました。直前講習や私立特講を受講して、家庭では父親と一緒に苦手だなと思うことを復習いたしました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
緊張気味でしたので「今まで習ったことしかないよ。心配することないよ。先生のお話をしっかり聞けば大丈夫。」と話しました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
1年ほど前です。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
体操、サッカー、英語です。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
早めに苦手なところを発見してあげて、それを意識しながら日々の生活を送りました。ペーパーだけでなく日々の生活に置き換えてひらめくこと、理解していくこともできるように心掛けていくとよいでしょう。
一覧に戻る

日出学園小合格(女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中になったころから私立小学校の説明会に参加し、秋頃から幼児教室で学ばせることを考えました。他の幼児教室も体験しましたが、桐杏学園の「挨拶や躾の面は特に厳しくしております」の一言が決め手となりお世話になることにいたしました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
保育園への送迎時に季節や行事に関することを「なぞなぞ形式」で出したり、「ごっこ遊び」の中に道徳的なことを交えたりして、始めたばかりの頃は遊び感覚で楽しくできるものを取り入れました。桐杏学園でアビリティテストのある間はその月の復習を中心に、夏頃からは市販の教材も使用してたくさんの問題を経験させ、問題の意味が理解できるように努めました。夏以降も問題に躓いたときには、具体物を使い理解できたらペーパーに戻る、ということを続けました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
保育園の行事が10月中旬にあり、直前講習と特講の予定を先生にご相談させていただきました。週2回のペースで教室に通い、その他は自宅でペーパー中心に行い、子ども自身にスピード面を少し意識させるように取り組みました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
特に緊張する様子もなく、いつも通りに明るく元気にしておりました。学校に着いた時、先生方に普段お教室でしているようなしっかりとした挨拶をしておりましたので安心しました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
「千葉県内の通える範囲で」ということで始めましたので、年中の秋頃には、第一志望校は決まっておりました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
スイミングと英語です。どちらも続けたい様子でしたが、週末の子どもの負担を考えて幼児教室一本に絞りました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
夏前は理解が今一歩で不安に思うことも多々ありましたが、最高の状態で本番に臨めることを目標に、毎日コツコツと取り組みました。最後まで娘が笑顔で頑張れたのは、早めに学校説明会や公開行事に参加し「この学校に通いたい」と子ども自身が思えたことで、家族が協力し励まし合いながらこの一年を過ごせたことが大きかったように思います。
一覧に戻る

桐光学園小合格(男子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中の4月頃でした。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
家庭学習は、市販の問題集をいたしました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
教室の直前講習に通い、志望校対策の問題集を家庭で行いました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
当日は緊張感が漂っておりましたが、本人は楽しそうで、いつも通りの様子で考査に臨むことができました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
年長の5月です。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
近所の幼児教室に通っていました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
◇先生の言われた通りにすれば安心です。
◇願書は早めに書くこと。
◇合格することを最優先に考え、受講できる講座はすべて取った結果だと思います。
◇仕事をしていた為、関われる時間が少なかったので、受験はプロに任せたのが我が家では、
 親子関係も崩さず、健全に受験を乗り切れたと思います。
一覧に戻る

桐朋学園小合格(女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中3月からでした。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
市販のワークブック等を使用しての家庭学習です。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
巧緻性のワークブックや、過去問を使用しての家庭学習をしました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
前日先生にお電話をいただき、当日の朝は直接先生にお会いでき、とても安心して励みになりました。緊張はせずに取り組めたようでした。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
夏休みごろです。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
バレエ、水泳、月1程度で工作のワークショップに行っていました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
試験に慣れる目的で、そっくり模試を受けられるのがよろしいかと思います。また、性別に関わらずお友達と元気に楽しく遊んで過ごす機会を持たれるといいかもしれません。
一覧に戻る

湘南白百合小合格(女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中の3月からです。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
家庭学習用として問題集や、模擬試験を受けてその復習をしました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
普段通りにリズムを崩さず過ごしました。
早起きをすることで当日の試験時間帯に合わせた学習を心掛けました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
緊張した様子はありましたが、日頃の娘の良い点が表現できたようです。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
夏前頃からです。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
特にありません。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
学習以外に日常の躾や話を良く聞くことを心掛けた方が良いと思います。
一覧に戻る

星野学園小合格(男子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年長に入ってすぐです。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
家庭では主に文字の読み、書き、特に音読は1日2~3冊を目標にやっておりました。その他は、ペーパー問題集や簡単な工作、外遊びでは、なわとび、鉄棒などもやっていました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
教室では夏期講習から学校向け夏講座、直前講座を全て受講し、家庭では受験校の過去問題集を中心に繰り返しやりました。また講習などで間違えた箇所、不得意な分野を中心に復習していました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
桐杏学園に通う時と変わりなく普段通り「いってらっしゃい」とひと言かけました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
途中、志望校を迷う事もありましたが、年少の頃にはほぼ決まっていました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
スイミングのみです。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
まず、基本的な生活習慣を身に付けさせる事は必要不可欠だと思います。季節毎の行事や日本の文化にも興味を持ち、様々な体験を親子でする事も大切だと感じました。そのうえで、机上の学習にも力を入れていく…という流れでいいかと思います。客観的なアドバイスをして頂ける桐杏学園の先生方の御指導はとても有り難く、学習以外でも色々な面で親子共々、向上できました。
一覧に戻る

西武学園文理小合格(男子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年長4月から桐杏学園でお世話になりました。準備期間が短かったので、学習経験を多く持てるよう「完全個別指導コース」も受講しました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
受験用ではないですが生後6ヶ月からベネッセのこどもチャレンジを受講していました。また、年長6月頃からは学園の学習内容に合ったような問題集を購入して学園のプリントにプラスしてやっていました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
家庭では、特別なことはしませんが、学園のプリントを繰り返しやりました。家庭では無理だと思いましたので夏期講習、直前講習はほとんど休むことなく受講し、ほぼ先生方におまかせして本番まで突入した感じです。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
事前に何度も説明会等に参加していたおかげか、当日も学校に行くのが楽しくて仕方がない様子でした。親の方が緊張していましたので、それが伝わらないように努めました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
準備を始めたのは遅かったのですが、私学へ行くのであればこの学校、とは年中頃から考えていました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
年少の頃からはスイミング、年中から体操クラブに通っていました。運動系は受験勉強時でも良いストレス発散にも…との先生のアドバイスもあり続けていました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
受験準備スタートが遅く、4月~5月頃は「今からで本当に間に合うのだろうか?」と毎日不安でしたが、とにかくやるしかない!と思い、休まず受講させました。幸い本人は1度も嫌がらず、むしろ楽しんで通っていましたので学園、そして先生方を信じて、続けていたことが良かったのだと思っています。最後まで見捨てず面倒を見ていただきましたことに本当に感謝しています。ありがとうございました。
一覧に戻る

さとえ学園小合格(女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中の夏から桐杏学園に通い始めました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
テトリスは早い時期からマス目のあるノート(こくごのノート)を利用しくり返し練習しました。絵画や体操は、桐杏学園のみでした。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
夏休みまでは桐杏学園以外の習い事も休まず過ごしましたが、直前講習が始まってから試験が終わるまでお休みしました。
幼稚園は休まず通いました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
面接試験の日は大変緊張していましたが、ペーパー試験の日はリラックスして試験にのぞめたと思います。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
年中の冬には決めていました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
スイミング、体育教室、バイオリン、英会話教室
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
合格をいただくまでは、ささいなことも不安になったり、心配したり、迷ったりだと思いますが、その度に先生に相談させていただきました。
学園のカリキュラムを信じ、先生におまかせして試験を終えられたことが良かったのだと思っています。
試験まで忙しく、あっという間だったように思いますが、内容の濃い、充実した受験生活でした。
一覧に戻る

開智小、さとえ学園小合格(女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
幼稚園の年少の春からです。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
ペーパーは、問題集をやらせていました。絵画は桐杏学園の受験絵画教室を年中から始めました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
直前講習、特講を受けていました。試験直前でも幼稚園の行事等は休ませず、普段通りに過ごしていました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
緊張しすぎず、ほどよい緊張感で臨めました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
年長の春頃です。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
2才の頃から近所の幼児教室を続けています。(試験前後3ヶ月は休会しました。)年少の秋頃よりピアノを続けています。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
桐杏学園のカリキュラムにそって、勉強していけば合格できると思います。あれこれ手をつける必要はないと思います。
一覧に戻る

豊明小、開智小合格(女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
幼稚園年少さんのころから志望する学校見学や学校説明会にできる限り多く参加致しました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
統一模試(みつめる21)を完全志望校別も含め計6回受けました。受ける際きちんと対策を練って臨み、模試の結果分析から明確になった弱点を補う為に市販の問題集も利用させて頂きました。問題を繰り返し解くことは大切ですが、同じ問題にとらわれることなくその時の「解くこと」を心掛けさせました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
学校ごとに出題傾向がありますので過去の問題や予想問題を数多くやり、本番入試前には桐杏学園のそっくりテストや、本試験直前には特講に参加することで自信も頂き、仕上げに大変役立ちました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
正門をくぐり、受付からの印象はピリピリとした雰囲気と緊張感に親子とも体が震えました。娘の考査中約2時間講堂で待っていましたが、身動き一つしない親御さん約150人の様子に気を失いそうになったことは一生忘れられないと思います。娘には本番であることを伝えなかったのですが、後で娘に聞くとちゃんとわかっていたようです。普段通り元気一杯「とっても楽しかったよ。」と戻ってまいりました。テストを楽しんだ様子にほっと胸をなでおろしました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
幼稚園年中さんのころから志望の小学校主催の公開行事には幾度となく参加し、年中春には志望校を絞り決めました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
年少10月からバレエ教室、年中9月から絵画教室に通いはじめました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
模擬テストや直前の講習参加の際には、入試本番の服装で臨み、できるだけ同じ環境を繰り返し体験することを意識し心掛けました。豊明の模試の折、「行動観察」で3人で折り紙制作をする課題があり、1人のお友達が泣きはじめ制作が出来ないという事がありました。娘は自分の制作は未完成のままそのお友達に最後まで寄り添っていたようです。心配でしたが結果は大変良かったです。豊明小学校の公開行事に数多く参加させて頂きましたが、全ての生徒さんの素直で優しい豊かな心に感動致しましことを今でも覚えております。志望校の行事に多く参加することでその学校が大切にしていることが見えてきます。テストの結果もたいせつですが、幼稚園の生活の中で、お友達を大切にしたり、弱い立場の人たちに優しさをもって接する事の大切さをお子さまと一緒に話し合うことが大事だと思いました。小学校受験で我が家で大切にしていたこと。それは『①毎日規則正しい生活パターンを決める。②勉強は毎日続ける。③あきらめない。④始めた習い事はやめない。⑤一度に長時間の学習は避け短時間でも集中力を保ち勉強する。』です。
一覧に戻る

白百合学園小、国府台女子学院小合格(女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中の2月からです。
それまでは何となく私立小学校に通わせたいなと思うことはありましたが、塾通いや受験準備の時間を親がとれないからとあきらめ、そのままになっていました。ちょっとしたきっかけで桐杏学園を知り、まずは通わせてみようと始めました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
はじめは、毎回にプリントの復習のみでした。夏休みはじめに都内小学校受験を考えるようになり、桐杏学園の問題集を買い、一通りやりました。直前講習が始まってからは、家では苦手なところを復習する程度でした。絵画は基本は授業のみです。運動は苦手だったので好きになること、自信をつけることを目的に毎朝父親と公園で鉄棒や縄跳び、ボール投げ練習をしました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
直前講習が始まってからは、ほぼ連日通わせたので、家では好きなことをさせゆっくり過ごすようにしていました。早寝早起きの習慣をつけ、体調管理に心がける以外は特にかわったことはしていません。9月からは毎朝の運動の後10分程度、父親と面接練習をしました。模試やそっくりテストを積極的に受け本番に慣れさせるようにしました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
親の平常心はもちろん、子どものテンションを上げ、「楽しんでテストを受ける」ことができるように心がけました。第一志望の受験日の前に、1校受けたのが、親にとっても、子どもにとっても本番の練習になりとても良かったと思います。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
はじめは県内共学校を目標としていました。夏休み前の面談を機に、先生からのアドバイス、子どもの性格や特性を考え、都内女子校を目指そうと決めました。志望校の見学会に参加し、明確に固めたのは9月上旬です。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
年少から遊び感覚でこどもチャレンジをやっていました。また年中の初めから、ヤマハ音楽教室に通っていました。直前期まで、行事が重ならない限り休まず通わせました。
出来なくても練習すれば出来るようになるということを学ぶよい経験になっていたと思います。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
始めたのも遅く、親が共働きの保育園通い、おまけに早生まれという圧倒的不利な条件ではありましたが最後まであきらめず、桐杏学園のカリキュラムや先生を信じてやってきてよかったと思っています。子どもは出来ないと泣いてやらないという事も多く、先生方を困らせたと思いますが、子どもの良いところを伸ばそうと自信をつけさせてくれたことに感謝しています。最後まで一度も「行きたくない」と言わず毎日楽しく通えたのも先生方のおかげだと思います。受験を通して家族のあり方や子育てについて考えさせられ、親にとってもいい経験になりました。
一覧に戻る

成蹊小、新渡戸文化小合格(男子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中の春頃よりペーパー中心の幼児教室に通っていましたが、春期講習より桐杏学園に移り総合的に学習を始めました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
問題集を購入して、親子で自宅学習を行いました。その日の体調や時間によりペーパーの枚数は10枚から15枚位行い、絵画や制作を含めて1時間30分くらいを目安に行いました。桐杏学園からいただく復習プリントは、授業を受けて1か月位時間を空けてから再確認をしておくよう心掛けました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
志望校の過去問題を中心に、ストップウオッチで時間をはかり、時間を意識するトレーニングを行いました。生活面では、朝型になるようにプリントは朝行い絵画や制作は夜に行いました。また、考査直前に桐杏学園の他の校舎で特別講習を受けたことが、子どもにはとても良い経験になったようです。特に行動観察の面では、初めての場所で初めての友達と関わる中で、同じ学校を目指す友達の存在に気付いたようで、子ども心に一緒に通いたいという思いが強まったようでした。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
朝8時受付のため自宅を6時過ぎには出るスケジュールでしたが、本人の機 嫌も良く緊張している様子には見えませんでした。しかし頻繁にお手洗に行っていたので、いつもとは違う精神状態だったのだと思います。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
成蹊小学校以外は、かなり早い時期に決めておりました。桐杏学園の先生より子どもの性格に合う学校ということで成蹊小学校をお勧めいただき、意識するようになり、9月の学校説明会に参加して本格的に受験をしようと決めました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
1歳より週1回、スイミングと体操教室に通っています。体を動かす事が好きで楽しく通っており、これからも続けさせたいと思っております。将棋を桐杏学園の先生に褒められたことがとても嬉しかったようで、「もっと上達して強くなりたい。」と、新たな目標を持ち、習えるところを検討中です。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
ペーパーでも他の事でも、子どもの気持ちをのせることが一番大切だと思い、その日の出来事をよく聞くとともに、子どもの表情をよく見るようにしました。特に子どもの苦手なことは手にとるようにわかるので、短時間に集中して行うことを心掛けました。また、移動の時間や遊びに行くときの時間も有効活用して、クイズ形式やゲーム感覚で机上だけでは身につかない花の名前や季節など知識的なことを親子で学びました。親として反省している事は、学校訪問をもっと早くからしておけばよかったと痛感しております。受験をする前と後では受験の見方や感想が違うことに気づきました。子どもの体力を考え年中の時はこんなに遠くまでは通わせられないと思っていても、この期間の子どもの成長は目覚ましいものがあるので、「今なら大丈夫。」と断言できます。皆様のお子様も絶対大丈夫な日が必ず来ると信じてほしいです。親の責任として学校の教育方針をよく見極め、お子様にとってベストな道を選んであげてください。
一覧に戻る

昭和女子大学付属昭和小合格(女子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
小学校は近くの公立に行かせようと考えていましたが、中学受験の大変さも耳にすることが多くなり、今年の初め頃より小学校受験を考えるようになりました。桐杏学園には、少し遅めのスタートで3月から通い始めました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
桐杏学園の復習を主に行い、他には書店で問題集を購入して家庭学習をしました。家庭ではプリントだけではなくお絵描きや制作の練習をして、バランスよく学習をするようにしました。一番重きをおいていたことは、日々の生活の中で『やりたい』と思う気持ちになるような会話と環境づくりを心掛けました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
とにかくプレッシャーを与えない生活をすることが大切だと思い、通常の生活リズムを崩さないようにしました。心身共に健康で試験当日を迎えられるように、栄養のバランスのとれた献立を工夫し、しっかり睡眠を取らせ、少しの時間でも親子で出かけ思い出づくりをしました。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
子どもは緊張の中でも桐杏学園の経験が自信になっていたようですが、いつもの元気さではなく、少し『恥ずかし虫』になっていた気がします。父親の、「今日は3人で楽しもうよ。」の一声で、家族全員が笑顔になりリラックスした気持ちで学校へ向かうことができました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
3月に桐杏学園に問い合わせをしたところ、私達の馴染みのある学校を勧められ、ご縁を感じ第一志望校に考えるようになりました。他の学校も調べましたが、学校の教育方針が私どもの理想とする環境であり、何よりも子どもの性格に合っていると思い、志望校に関しては一度も考えがブレルことはありませんでした。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
1歳になる前より週1回英語を習っております。「もし、外国に行った時に英語で話し掛けられた時に喋りたいから。」と、一番好きなおけいこ事です。他に3歳よりバレエ、4歳よりピアノを週1回ずつ習っております。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
現在、受験準備を始めている人もこれからの人も、知らないことは恥ずかしがらずに桐杏学園の先生に訪ねて知ることが大切だと思います。いろいろな情報を聞きすぎても考えが惑わされてしまうので、信頼できる先生に何でも相談して話し合い、一番良い対策を見つけてください。私自身の反省点としては、子どもとプリント学習をしている際思わず、「なんでわかんないの!」「こんなことわかるでしょ!」と叱ることがあり、その瞬間は自分をコントロールができず「あっ、言ってしまった。」と思ってもやめられない母親になっておりました。子どもの寝顔を見て「また怒っちゃったなー」と親のエゴを感じ、自分自身へのジレンマと葛藤の日々でした。桐杏学園の面接練習で、「お母様に叱られるのはどんな時ですか?」「プリントができない時です。」と自信を持って即答したことを知り、親の一所懸命は方法を間違えると大変なことになることに気づくことができました。また、子どもが親の期待に応えようと取り組む姿に、親としての初心を思い出させてもらった気がいたします。最後に、これから受験を目指す皆さん。健康第一で頑張ってください。
一覧に戻る

暁星小学校、さとえ小合格(男子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
本格的に小学校受験を意識したのは、年中の春ごろです。東京に引っ越し、幼稚園に入園し、子どもとのつながりの中で、息子とだったらやれるかな、と思いました。そして、HPで桐杏学園を知り、体験授業を受けたところ、息子が「桐杏学園に行きたい」と言ったので、学園に通い始め、具体的な準備を始めました。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
ペーパーは、書店でありとあらゆる問題集を購入し、とにかく色々なタイプの問題を試してみました。もちろん、桐杏学園のステップ等も使用しました。年長の夏頃からは、ペーパーは、1日100枚こなすようにし、毎日行いました。よく、「暁星は1日100枚」と言いますが、やってみると以外とやれたため、このペースを崩しませんでした。また、2次試験の暁星はボールが良く出題されるので、家では母親が相手をし、一緒に取り組みました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
普段と変わらない生活を心がけ、幼稚園の行事なども休まず参加しました。日々の生活は、食事をしっかりとらせるようにしました。直前講習は、可能な限り受講し、友達と切磋琢磨しながら、本番に向けての心の準備が自然にできていったと思います。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
数日前から発熱していたため、考査当日も不安定な体調でしたが、本人は「(試験に)行く」と言うため、「先生が見ているからがんばろうね!」と励ますと、先生から期待されているということがよくわかるようで、自信満々の表情になりました。息子なりにこの日のために頑張ってきたということもよく理解しているようで、我が子ながらとてもたくましく思いました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
目標にしたのは、年中の秋ごろですが、本格的に受験しようと決めたのは、年長の春ごろでした。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
0歳から英会話、2歳になる少し前からスイミング、年中の終わりころから理科教室に通っておりました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
入試結果に拘泥せず、受験に挑戦することで、親と子が一緒に成長できるものと思って取り組むことが大切だと思います。受かりたいと思う気持ちはわかるけれど、そのことばかり気にするようだと子どもに期待しすぎたり、叱りすぎたりしてしまいます。まだ5,6歳の子どもなので、忘れてしまうこともあれば、うまくいかない時もありましたが、波があるのは当たり前と思い、心のコンディションを安定させることを大切にしました。そのために日頃から両親が仲良くフォローしあい、子どもを加点法で見るようにすると良いのではないかと思います。
一覧に戻る

学習院初等科、聖学院小(男子)

«いつごろから準備をはじめましたか?»
年中の秋ごろから漠然と小学校受験について考え始めていました。1月下旬に桐杏学園で体験授業を受けましたが、まだ誕生日前ということもあり、本人が授業を受けられるような状態ではないと思い、5歳になってから始めようと思っていました。本格的に準備を始めたのは、年長春期講習からになります。
«桐杏学園以外での学習は、どのようなことをしましたか?»
春期講習でお世話になってから夏までは、授業の予習・復習がメインでした。1対1の完全個別指導も併用し、集団授業では理解できなかった項目については難易度を下げて学習することで、授業レベルの問題も段々理解できるようになりました。集団授業だと本人がわからなくても終わってしまうこともありますが、個別指導では、息子に合わせて進めてくださるので、苦手な問題もきちんとやらなければならないという姿勢が身に付き大変よかったです。それから毎日、絵本の読み聞かせを必ず1冊行いました。これは、聞く力がついたことはもちろんのこと、話作りにも大変役立ちました。週末は、父親がまりつき、なわとびなどの運動の練習を一緒に行い、夏以降は、絵画・体操特別講習受講者に配布された冊子を参考にしながら、志望校の体操、指示行動、絵画制作などをできるだけ行いました。
«試験の直前はどのようなことに注意しましたか?»
直前講習でフリーパスを受講し、本当に良かったと思っております。特に、Bコースは、家庭では行えない内容なので、必ず受講しようと思い、毎回出席しました。息子もAはイヤだけどBは毎回「楽しかった」と言っておりました。
私自身フリーパスで通わせていただくことで、気持ちが安定し、家庭でも息子と穏やかな関係で居られました。息子が授業を受けている間に夕飯の支度を済ませたり、面接試験に備え、本を読むなど自分自身の勉強する時間が持てたことも大変大きかったです。また、毎朝、父親が白い紙にオリジナル問題を書いて、息子の苦手項目の反復練習をしてくれました。夫と考えが一致しており、非常に協力的だったことも心強かったです。
«考査当日の様子は、いかがでしたか?»
初めて行く場所だったため、緊張するかと思っておりましたが、非常に落ち着いておりました。考査1週間ほど前から、学校の正式名称と考査の日付を教え、心の準備をさせておりました。
«いつ頃から志望校を決めましたか?»
漠然と年長の4月頃から考えていましたが、第一志望校と言える状況では なかったので、まずは、併願したS校に必ず合格するようにがんばろうと思いました。9月の学校別模試の成績によっては、出願をやめるという選択肢もありました。しかし、模試の結果が思いのほかよかったので、学習院を第一志望校に決めました。
«桐杏学園に入園する前に習っていたことは何ですか»
英語、スイミング、サッカー、体操教室です。英語、サッカー、体操教室などは、桐杏学園と並行して通っていましたが、直前講習が始まる前にお休みすることにしました。
«その他(これから小学校受験される方へのアドバイスをお願いします)»
自分の考えをしっかり持つこと、謙虚でいることだと思います。特に、人の意見を素直に聞くこと、耳を傾けることが大切だと思っております。自分の考えが1番正しいのではなく、いろいろな考えがあるので、それを理解していく、他人を否定しない、ということを日頃から大切にしております。この年齢になると、厳しいことを言ってくれる人は少なくなります。言ってもらえてありがたい、そういう気持ちで教室の先生と良い関係を築けたことが、合格に結び付いたのだと思います。
一覧に戻る